「未来のLotus Notesはこうなる」--IBMが開発の進捗をアピール

Matt Hines (CNET News.com) 2005年06月15日 13時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMのLotus部門は米国時間14日、将来の「Notes」ソフトウェアに組み込まれる予定の機能の一部を公開した。公開された機能には、異なるアプリケーション間での情報共有を実現するツールが多く含まれていた。

 Lotus部門は、コラボレーションパッケージである「Notes 7」を2005年の第3四半期以降にリリースする予定だ。だが、同部門は、Notes 7より後のバージョンに追加される予定の機能を既に公開している。開発コード名を「Hannover」と名付けられた将来のNotesは、Notes 7のリリースから12〜18カ月後にリリースされる予定だ。Hannoverは、電子メール、インスタントメッセージング、カレンダーなどのアプリケーションを備えたクライアントソフトウェアになる。

 Lotus部門の関係者によると、今回、Notesの計画を発表したのは、同製品の開発にIBMが消極的になっているという噂を払拭するためだという。Notesは、市場を独占するMicrosoftの生産性/コラボレーションソフトウェア「Office」と直接競合する。IBMは、Notesに対する需要は急増していると依然主張する。同社によると、Notesの売上は、Dominoサーバパッケージとともに、2004年第4四半期から2005年第1四半期にかけて17%上昇したという。同社は、Notesユーザーの数は現在、全世界で1億1800万に達していると述べる。

 Notes 7については、Lotus部門での作業の多くは、パッケージ全体の性能を制御する基本サーバソフトウェアの改良に割り当てられているとIBM Lotus Softwareでプロダクトマーケティングディレクターを務めるMike Loriaは述べる。また、Hannoverの開発については、Notesが備える複数のツールに保存した情報をユーザーが管理したり、共有したりする方法の簡素化に力が入れられている。Hannoverは米国時間14日の朝、ドイツで開かれたカンファレンスでIBMのゼネラルマネージャーAmbuj Goyalより発表された。

 Loriaは、「これは、まさに、アクティビティベースのコンピューティングの考え方そのものだ」と述べ、「電子メールの受信トレイで起きていることは、実際、ビジネスプロセスそのものだ。そして、われわれが作り出しているのは、ビジネスプロセスの保存/命名/統合をアプリケーション間で可能にする環境だ。フォーマットでなくアクティビティ自体に集中することで生産性を向上させることができる」と説明した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化