編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

韓国政府、国産Linuxシステムを全国の学校に導入へ

2005-06-22 13:12

 韓国政府は、国産のオープンソースプラットフォームを全国1万校の学校に導入する。

 「New Education Information System」と呼ばれるこのプロジェクトでは、韓国で独自に開発されたLinuxが利用される。同Linuxシステムは既に、ソウル中心部に位置する190校で導入されている。

 同プロジェクトを支援する韓国ソフトウェア振興院(KIPA)の院長Hyun-Jin Koは、複数の学校で韓国版Linux「Buyeo」のテストを2年間実施してきたと述べた。

 「(このシステムは)生徒が転校したり、大学に入学したりした時に、学校から学校へと情報が受け渡されるようにするものだ。次のフェーズで、このシステムを韓国全域に広げる予定だ。この試験プロジェクトではLinuxを利用する」(Ko)

 Koはこの取り組みについて、Microsoftを意図的に冷遇するものではないとしたうえで、韓国での国産ソフトウェア開発を支援するものだと説明した。「Microsoftに対する敵意は全くない。セキュリティ問題や予算などを考慮してBuyeoを採用することに決めた」とKoは述べる。

 「(Buyeoを採用した)3つ目の理由が国内でサポートを得られることだ。アプリケーションの大半は自分たちで開発する。ソフトウェアベンダ各社にこれを依頼すると、国内でサポートできる部分が少なくなってしまう。今回の取り組みでは、国内ベンダが自国の学校をサポートできるように配慮した」(Ko)

 KIPAでは、韓国企業がLinuxをもっと簡単に利用できるようにする取り組みを行っている。KIPAは2010年までに、サーバの40%をLinuxベースにしたいと考えている。

 Koは、韓国は中国や日本と密接に協力してアジア版Linuxを開発していると述べ、これら3カ国で開発されたプログラムであればどれでも同OS上で稼働できるようにしたいと述べた。「政府はLinuxプラットフォームを推奨している。韓国ではオープンソース活動が盛んで、活動を推進する専門の団体があるほどだ」(Ko)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]