編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

NEC、携帯電話向けのコンテンツ形式変換システムを国内で販売開始

ニューズフロント

2005-06-29 19:13

 NECは6月29日、静止画や動画などの各種コンテンツを携帯電話の機種やサービスに合わせて変換するサーバソフトウェアシステム「マルチメディアメッセージングアダプテーションソリューション(MMAS)」の国内販売を開始したと発表した。

 MMASは、静止画や動画、絵文字などのマルチメディアコンテンツを、ユーザーの使用する携帯電話の機種やサービスに合わせて変換する。これにより、第2世代(2G)携帯電話から第3世代(3G)のサービスを利用したり、3G携帯電話で2G携帯電話向けコミュニティに参加したりできるようになる。「通信事業者は、通信量の増加によるパケット収入の拡大や、3Gなど高付加価値サービスへの移行喚起が期待でき、異なる事業者間や国内外のサービス間のやりとりも可能となる」(同社)

 現在、国内300機種以上、全世界550機種以上におよぶ携帯電話のプロファイル情報が登録されており、これら機種向けの変換が行える。

国内ではボーダフォンが同システムを最初に導入し、6月30日より提供する「画像自動変換機能」の拡張機能として運用を開始する。これにより今まで一部機種で受信できなかった「ムービー写メール」や他事業者携帯電話およびパソコンなどから送信された画像ファイル付メールを変換し受信できるようになる予定だ。

NECのプレスリリース

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]