編集部からのお知らせ
テレワーク関連記事一覧はこちら
新着PDF:RPA導入企業、その後

日立、企業向けPC「FLOR」Aシリーズ拡充--オプションでセキュリティチップを搭載可能

エースラッシュ

2005-07-14 21:48

 日立製作所ユビキタスプラットフォームグループは7月15日、企業向けPCの「FLORA」シリーズに新モデルを追加する。

 今回新たに追加されるのは、A4オールインワンノートパソコン「FLORA 250W(NB8)」と、省スペーススリムパソコン「FLORA 330W(DG8)」。それぞれ従来製品よりもCPUをグレードアップし、基本性能を向上させた。

 FLORA 250W(NB8)はオプションとしてTPM(標準化セキュリティチップ仕様Ver1.1b)を採用したセキュリティチップを導入可能。チップの導入によって情報漏洩や不正使用の防止など、より高いセキュリティ環境を実現する。

 販売は同社のネット直販サイト「日立ダイレクト」および、営業・販売代理店をつうじて7月15日から行われる。

 この他、従来モデルの「FLORA 330W(DG7)」および「FLORA 350W(DE8)」に、インテルCeleron D プロセッサ330とインテルCeleron Dプロセッサ331を搭載したエントリーモデルを用意。現行の「FLORA 200W/300W」シリーズについては、最大19%の価格改定を実施する。また、液晶ディスプレイ「SelecTop」にも19型SXGAモデルが追加された。

日立製作所

日立ダイレクト

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]