編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

古河電工、7万円台のIPSecリモートアクセスルータなどを発表

ニューズフロント

2005-07-15 16:50

 古河電気工業は7月15日、拠点側IPSecリモートアクセスルータの新モデル「FITELnet-F80」の発売と、既存モデル「FITELnet-F100」に対するIPSec対地数(ピア数)増加と性能向上を行うと発表した。それぞれ発売は8月31日からとなる。

 FITELnet-F80は、既存のFITELnet-F100をベースに、コストパフォーマンスを向上させたモデル。IPSecの基本機能に加え、機器/回線冗長による信頼性確保を狙ったVirtual Router Redundancy Protocol(VRRP)-WAN側監視連携機能も備える。サービス品質(QoS)機能、仮想LAN(PortVLAN、TagVLAN)機能などを備える。

 改良版のFITELnet-F100は、既存モデルで32だったピア数を100に増やし、拠点側ルータとしてだけでなくセンター側ルータとしての使用も可能とした。

 いずれも、IPv6に対応しており、スループットはIPSec(3DES)で90Mbps以上ある。FITELnet-F100については、8月31日の機能強化でIPSec使用時のショートパケット性能を旧版の約2倍に高める。そのほかには、両モデルともステートフルインスペクションファイアウォール機能、IPSec負荷分散機能に対応している。

 税別価格は、FITELnet-F80が7万6000円、FITELnet-F100が11万円。オプションのISDN(BRI)対応版FITELnet-F100は12万5000円。

古河電気工業

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]