編集部からのお知らせ
テレワーク関連記事一覧はこちら
新着PDF:RPA導入企業、その後

シャープ、3G携帯向けの高速データ転送複合メモリ「LRS1887」を量産開始

エースラッシュ

2005-07-20 18:50

 シャープは7月20日、高速データ転送を実現した第3世代携帯電話向けの複合メモリ「LRS1887」を開発、量産を開始すると発表した。

 「LRS1887」は、フラッシュメモリとSCRAM搭載の大容量512Mビット複合メモリだ。アクセス対象の指定を行うアドレスバスと、データ転送を行うデータバスを多重化したADバスを採用したことで、同社従来製品の3倍以上の高速データ転送となる320Mbpsの高速化を実現した。外部接続の端子数は増やすことなく、バス幅は32ビットとしている。

 サンプル価格は税込みで6300円。量産出荷は7月から開始し、月産10万個を予定している。

シャープ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]