IBM、顧客データ統合用ソフトウェアの開発元を買収へ

Dawn Kawamoto(CNET News.com) 2005年08月03日 10時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは米国時間2日、同社情報管理グループのてこ入れを目指し、顧客データ統合用ソフトウェアを開発するDWLの買収計画を発表した。

 IBMは、昨年から情報管理市場での買収を急激に増やしてきており、DWLは5件目の買収先となる。同社が過去4年間に買収したこの分野の企業の数はあわせて9社となる。

 DWLは、社内の多数のデータ領域から1社の顧客あるいは見込み客に関するレコードをリアルタイムで集めるミドルウェアを開発している。

 IBMのJanet Perna(情報管理担当ゼネラルマネージャ)は、「複雑性に切り込み、顧客の正確な姿を提示できる能力が、今日の情報管理のなかで、最も重要な側面の1つとなっている」と声明のなかで述べている。

 DWLは、これまでIBMの戦略パートナーとして活動しており、今後は同社の情報管理グループの傘下に入る。この契約は2005年後半にまとまる見通しだが、金銭面の条件は明らかにされていない。

 IBMの広報担当Christopher Rubsamenは、「これまでバラバラだったものが、かなりまとまり始めている」と述べた。「やはり戦略的なビジネスパートナーだったAscentialの買収も6月に完了し、両社がわれわれの情報管理やオンデマンド関連の戦略とうまく連動している」(Rubsamen)

 Ascential Softwareは、データファイルの移動やフォーマットで企業を支援するデータ統合製品を開発している。Rubsamenは、DWLの技術が特定のレコードを掘り下げ、これらをリアルタイムでトラッキングするようになる、と付け加えた。

 米国企業が、さまざまな情報元やシステムから集めた情報を組み合わせ、組織の動きをモニターしようとしているなかで、情報統合は各社にとって高い優先順位を持つ課題になっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化