IBM、顧客データ統合用ソフトウェアの開発元を買収へ

Dawn Kawamoto(CNET News.com)

2005-08-03 10:45

 IBMは米国時間2日、同社情報管理グループのてこ入れを目指し、顧客データ統合用ソフトウェアを開発するDWLの買収計画を発表した。

 IBMは、昨年から情報管理市場での買収を急激に増やしてきており、DWLは5件目の買収先となる。同社が過去4年間に買収したこの分野の企業の数はあわせて9社となる。

 DWLは、社内の多数のデータ領域から1社の顧客あるいは見込み客に関するレコードをリアルタイムで集めるミドルウェアを開発している。

 IBMのJanet Perna(情報管理担当ゼネラルマネージャ)は、「複雑性に切り込み、顧客の正確な姿を提示できる能力が、今日の情報管理のなかで、最も重要な側面の1つとなっている」と声明のなかで述べている。

 DWLは、これまでIBMの戦略パートナーとして活動しており、今後は同社の情報管理グループの傘下に入る。この契約は2005年後半にまとまる見通しだが、金銭面の条件は明らかにされていない。

 IBMの広報担当Christopher Rubsamenは、「これまでバラバラだったものが、かなりまとまり始めている」と述べた。「やはり戦略的なビジネスパートナーだったAscentialの買収も6月に完了し、両社がわれわれの情報管理やオンデマンド関連の戦略とうまく連動している」(Rubsamen)

 Ascential Softwareは、データファイルの移動やフォーマットで企業を支援するデータ統合製品を開発している。Rubsamenは、DWLの技術が特定のレコードを掘り下げ、これらをリアルタイムでトラッキングするようになる、と付け加えた。

 米国企業が、さまざまな情報元やシステムから集めた情報を組み合わせ、組織の動きをモニターしようとしているなかで、情報統合は各社にとって高い優先順位を持つ課題になっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]