マイクロソフト、「SQL Server 2005」などの日本語版発売を11月17日と発表

WebBCN (BCN) 2005年08月04日 12時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは8月3日、開催中の技術者向けカンファレンス「Microsoft Tech・ED 2005 Yokohama」で、ダレン・ヒューストン社長らが「Get Ready For 2005!−マイクロソフトの次世代アプリケーションプラットフォーム戦略−」と題した基調講演を行った。

 ダレン・ヒューストン社長が冒頭に登壇。「デジタル情報が爆発的に増えている」と、デジタルのデータ量が今後もますます拡大していくことを述べたうえで、IT業界について、「これからの10年は過去10年間以上に目覚ましい発展を遂げる」と語った。加えて、「ハードウェアは、デジタルの進化に対応できる。ソフトウェアはどうかというと、ハードウェアと同程度に対応していくのは、かなりの技術革新が必要となる。しかし、ソフトウェアの進化がデジタル社会の発展には重要なキーになることは間違いない。当社は、ソフトウェアサイドからこうしたデジタル化の発展に貢献していく」と強調した。

 また、「大半の技術者は、『.net』を採用している」とアピール。「パートナー企業が開発しやすい環境を整えるため、今後も多額な投資を行っていく」方針を示した。さらに、ソフトウェアの統合開発環境「Microsoft Visual Studio 2005」をはじめ、データベースサーバー製品「Microsoft SQL Server 2005」や「Microsoft BizTalk Server 2006」の日本語版を11月17日に日本でリリースすることを発表した。

 基調講演では、米マイクロソフトのS・ソマセガー・デバロッパー部門コーポレートバイスプレジデントも登場し、「Visual Studio」や「SQL Server」、「BizTalk Server」の優位性について語った。

 なお、同カンファレンスは8月2日から5日までの4日間、横浜・みなとみらいにあるコンベンションセンター「パシフィコ横浜」で開催される。

マイクロソフト

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算