編集部からのお知らせ
テレワーク関連記事一覧はこちら
新着PDF:RPA導入企業、その後

アドビの「Reader」および「Acrobat」に脆弱性--バッファオーバーフローの可能性

Joris Evers(CNET News.com)

2005-08-18 11:53

 Adobe Systemsの「Adobe Acrobat」および「Adobe Reader」にセキュリティ脆弱性があり、これが悪用されると、PCが停止させられたりハイジャックされたりするおそれがある。

 Adobeは米国時間16日、セキュリティ勧告を発表し、リモート攻撃者が悪質なPDFファイルを作成して、標的としたコンピュータのAcrobatやReaderをクラッシュさせたり、コンピュータを乗っ取ったりする可能性があることを明らかにした。Adobeは、この問題を修正するアップデートを提供している。

 Adobeによれば、このセキュリティ脆弱性の影響を受けるのは、Windows/Mac OS/Linux/Solaris向けのAdobe Readerと、Windows/Mac OS向けのAdobe Acrobatであるという。セキュリティ監視企業Secuniaは、米国時間16日に公開した勧告の中で、同問題を「非常に深刻」と評価している。

 Adobeは、AcrobatおよびReaderに含まれる中核的なアプリケーションプラグイン内で、バッファオーバーフローが起こる可能性があると、この脆弱性について説明した。勧告には、問題を発見したのはAdobe自身であることも記されていた。

 バッファオーバーフローは頻繁に悪用されるセキュリティホールで、プログラムが割り当てられたバッフアを超えてメモリにデータを書き込んだ場合に起こる。攻撃者はこれを悪用して、バッファからあふれるように計算されたデータを意図的にコンピュータに送りつけ、悪質なコードを実行させることができる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]