全米科学財団、グリッドコンピューティングプロジェクトに1億4800万ドル

Stephen Shankland (CNET News.com) 2005年08月23日 17時57分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 全米科学財団(NSF)は、今後5年間に1億4800万ドル以上の巨費を投じ、別名「TeraGrid」とも呼ばれている、相互接続された一連のスーパーコンピュータの集合である「Extensible Terascale Facility」を拡張することになった。

 NSFは長年、TeraGridの構築と運営に資金を提供してきた。このプロジェクトは、もともとNational Center for Supercomputing Applications(NCSA)とSan Diego Supercomputing Centerで運用されていた、Itaniumベースのクラスタをつなげることから始まったが、後には範囲を拡大し、Pittsburgh Supercomputing Centerなど他のサイトも接続するようになった。

 連邦予算局によると、新たな資金のうち4800万ドルは、シカゴ大学が主導する取組みに充当されるという。この予算は総合的なシステムの構築、ソフトウェアの統合、システムの運用とユーザーサポートの調整に充てられる。残りの1億ドルは、TeraGridに参加している8つのサイトの運営とサポートに充てられる。

 これまで約1000人の科学者がTeraGridを利用しているが、この利用者数は2009年までに少なくとも3000人まで増加すると予想されている。このシステムを利用した研究プロジェクトには、脳メカニズム、暴風雨予測、病気診断、地震の影響の予測、地下水汚染除去プロジェクトの計画、宇宙の膨張に関係のある「暗黒エネルギー」の研究などがある。

 TeraGridプロジェクトには、このほかにインディアナ大学、オークリッジ国立研究所、パーデュ大学、テキサス高度コンピューティングセンター、シカゴ大学、アルゴンヌ国立研究所が参加している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算