編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

DNP、FelicaでPCからの情報漏洩を防ぐ「エンドポイント・セーバー」

エースラッシュ

2005-09-14 21:46

 大日本印刷(DNP)は9月14日、ICカードを使ってパソコンからの情報漏えいを防止するセキュリティソフト「エンドポイント・セーバー」を発表した。10月末より企業向けに販売を開始する。

 エンドポイント・セーバーは、同社が提供するパソコン用セキュリティソフト「TranC'ert」の機能を絞り込み低価格に設定、新たにSSFC対応機器との連携機能を追加した製品だ。

 利用方法は、まずソフトの導入時に利用者のICカード情報を登録する。その後、PCの電源投入時に登録済みのICカードをカードリーダーにセットし、カードにPIN(暗証番号)を入力しなければパソコンが起動しないシステムだ。

 ICカードリーダーからICカードが取りはずされた場合、瞬時に画面表示を停止し、キーボードやマウスからの操作も受け付けなくなる。職場への入退室チェックや社員食堂などに同じICカードを利用することで、離席時には必ずICカードを携行することになるため、セキュリティ効果も大きく向上する。また、SSFCフォーマットに対応しているため、ゲートメーカー各社から発売が予定されているSSFC対応ゲートシステムとの連携も可能だ。

 動作環境はOSがWindows2000 Professional SP4または WindowsXP Professional SP1/SP2、メモリ128MB以上となっており、対応ICカードはFelicaのみとなっている。

 DNPでは価格をPC1台あたり4000円前後で販売する予定だ。500人規模の企業の場合、エンドポイント・セーバーと対応ICカード、対応読取機を含めて450万円程度でシステム構築が可能になる。同社では、2年間で3億円の売上を見込んでいる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]