編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

ブルーコート、ゲートウェイ・アプライアンスを強化

WebBCN (BCN)

2005-09-22 11:14

 ブルーコートシステムズ(辻根佳明社長)は、同社の「Proxy AV」アプライ アンスに、Kaspersky Lab(ナターリヤ・カスペルスキーCEO)が提供する、ア ンチ・ウイルスエンジンを搭載することを発表した。

 ブルーコートシステムズの「Proxy AV」および「Proxy SG」アプライアンス は、スケーラブルで管理しやすいゲートウェイWebアンチウイルス・ソリュー ション。

 Webベースの電子メールの利用や、インターネットからのファイルダウンロー ドに起因するウイルス感染、トロイの木馬やワーム、悪意あるHTTPコンテンツ などを防御する。総合的なアンチウイルス・スキャンで、最高249Mbpsのスルー プットを実現する高速動作が特徴。Kasperskyは、「Kaspersky Anti-Virus」 を提供するほか、業界の多くのセキュリティ・ソリューションで、Kaspersky ソフトウェアをアンチ・ウイルスエンジンとして導入している。

 また、アンチ・ウイルス研究で15年以上の実績を持つエンジニアが、24時間 365日体制でテクニカル・サポートを提供している。Kasperskyのアンチ・ウイ ルステクノロジを採用することで、「Proxy AV」はゲートウェイにおけるスパ イウェア侵入防止などを強化し、パフォーマンスに影響することなく悪意ある プログラムを防御できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]