編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

マクロメディア、統合パッケージ「Studio 8 日本語版」を発売--製品構成を変更

別井貴志(編集部)

2005-10-12 16:00

 マクロメディアは10月12日、「Macromedia Studio 8 日本語版」の販売を開始した。Studio 8 は、Flashのオーサリングツール「Macromedia Flash Professional 8」とウェブオーサリングツール「Macromedia Dreamweaver 8」、ウェブグラフィックツールの「Macromedia Fireworks 8」、ウェブコンテンツの更新ツール「Macromedia Contribute 3」、コンテンツをFlash文書やPDFに変換できる「Macromedia FlashPaper 2」の5つのツールが統合した製品だ。

 米国では8月8日に発表されているが、日本市場向けの製品「Macromedia Flash Basic 8」や機能も追加された。また、Studio 8だけではなく、単体製品も同時に販売する。

 プロダクトマネージメント&マーケティングのバイスプレジデントであるJim Guerard氏は「Studio 8はマクロメディアの歴史の中でも最大のリリースといっていい。前回のリリースが2年前なので、ずいぶん開発に力を入れてきた」と語った。具体的には、複数あるプロダクトチームを世界各国の顧客の元に派遣し、新リリースで顧客が何を求めているかを調査した。その中でも、特にFlashとDreamweaverは、日本の顧客に対して長期に聞き取り調査をし、そのニーズに合わせた機能を搭載した。

 これまで、マクロメディア製品には「MX」や「西暦」などがバージョン名として付与されてきたが、こうした調査の結果、「どのバージョンを自分が使っているかわからないなど、ユーザーをだいぶ混乱させていることがわかった。それからずっとバージョン番号を付与してきたFlash Playerのバージョンと、Flashオーサリングツールのバージョンとの混乱もあって、シンプルにすることがもっともいいと考えて単純にバージョン番号を付けることにした」(Guerard氏)

 また、今回のStudioから同梱する製品を一部替えた。印刷やウェブ向けのイラストレーションおよびレイアウト作成ツールの「FreeHand」を外して、ContributeとFlashPaperを同梱した。今後FreeHandは単体でのみ発売する。これについて、Guerard氏は「ユーザーは、既存のウェブサイトのメンテナンスや更新にかなり時間をかけていることがわかったからだ。このプロセスをもっと効率化するためのツールがほしいという要望が圧倒的だった」と説明した。

 価格は以下の表のとおりで、価格帯は従来のMXとあまり変わっていない。しかし、アップグレードが大きく変わった。Flash Professionalの単体のアップグレードが3万9900円で、約1万円足せばStudio 8へアップグレードできる。米マクロメディア副社長CEOテクノロジーアドバイザーの田中章雄氏は「ただ単にStudio 8にいきやすくしただけではなく、これまでのマクロメディアの歴史上もっとも緩いアップグレードポリシーを適用した」とし、どんな古いバージョンの単体製品からでも平等に5万400円でStudio 8にアップグレードできる。単体製品ごとのバージョンアップも同様に、過去のどのバージョンからもアップグレードが可能だ。

表:各製品の税込み価格
製品 商用版 アップグレード版
Macromedia Studio 8 12万6000円 5万400円
Macromedia Flash Professional 8 8万8200円 3万9900円
Macromedia Dreamweaver 8 5万400円 2万5200円
Macromedia Fireworks 8 3万7800円 1万8900円
Macromedia Contribute 3 1万8900円 1万500円
Macromedia FlashPaper 2 Contribute 3に同梱 なし
Macromedia Flash Basic 8 2万6250円 なし
旧製品のどのバージョンからもアップグレードが可能になった

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]