編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

サーバ向け無料LinuxディストリビューションのUbuntu最新版が公開

エースラッシュ

2005-10-14 20:56

 Ubuntu Teamは10月13日、Linuxディストリビューション「Ubuntu 5.10 "Breezy Badger"」をリリースしたと発表した。同時に、Ubuntu-jaプロジェクトでは「日本語版Ubuntu 5.10 インストールCDイメージ」のダウンロード提供を開始した。

 Ubuntuはデスクトップおよびサーバ向けに開発されたLinuxディストリビューション。商用ディストリビューションとは異なり、すべてを無料で利用することができる。最新の「Ubuntu 5.10 "Breezy Badger"」では、ネットワーク経由でUbuntuを起動できるシンクライアント技術の統合、OEMハードウェアベンダがユーザ情報を入力せずに使えるOEMインストーラサポート、ヘルプメニューからLaunchpad.netを呼び出せるLaunchpadの統合などが行われた。またデスクトップに関しても、「GNOME 2.12.1」「OpenOffice.org 2.0 beta 2」「X.org 6.8.2」をはじめとした多彩な新機能が追加されている。

 また、Ubuntu−jaプロジェクトでは今回の発表にあわせて「日本語版 Ubuntu 5.10インストールCDイメージ」のダウンロード提供を開始した。SCIMとAnthyによる日本語入力環境、日本語フォントの太字・斜体表示パッチを適用した「OpenOffice.org 2 Beta 2」など、日本語デスクトップ環境として使う上で有用なアプリケーションが含まれており、ライブCDイメージ、coLinux用イメージなども順次リリースしていく予定だという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]