編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

マイクロソフト、スパイウェア対策ツールをVistaとともに提供

田中好伸(編集部)

2005-10-27 20:32

 Microsoftは、スパイウェア対策ツール「Windows AntiSpyware」をWindows Vistaとともに提供する。同社のTrustworthy Computing最高責任者であり、来日中のScott Charney氏が10月27日に明らかにした。

Scott Charney氏

 AntiSpywareは、Microsoftが2004年に買収したGIANT Company Softwareの技術を元に開発されている。現在、AntiSpywareは英語版のベータ版が公開されている。

 またScott氏は、ウイルス・スパイウェア対策ツールで一般ユーザー向けの「Windows OneCare」と企業向けの「Windows Client Protection」は同時にはリリースされないだろうとの見通しも明らかにしている。

 OneCareは今年ベータ版が公開されており、Client Protectionのベータ版は今年末までに公開されると見られている。Client Protectionは、GIANT Company Softwareのスパイウェア対策技術と、2003年に買収したGeCadのウイルス対策技術をベースにしている。

 Microsoftがウイルス対策分野に参入することについて、Scott氏は「多くのセキュリティ専門ベンダーから製品が投入されているが、ウイルス対策ソフトを使っていないユーザーはまだまだ多い。ウイルス対策ソフトの市場は参入する余地があると思う」と説明している。

 Scott氏は、同社のTrustworthy Computing(信頼できるコンピューティング)イニシアティブを統率しており、同社のセキュリティ戦略グループのリーダーである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]