編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

オラクルDBをねらう初のワーム実証コードが登場

Joris Evers (CNET News.com)

2005-11-02 15:33

 Oracleデータベースを標的とする初のワームと考えられるプログラムのソースコードが、セキュリティ関連メーリングリストに投稿された。電子メールのタイトルは「Trick or Treat Larry(「Larry、お菓子をくれないといたずらするぞ」いう意味。Trick or TreatはHalloweenでお馴染みの掛け声。LarryはOracle CEOの名前)」だった。

 匿名の人物が米国時間10月31日に人気の高いメーリングリスト「Full Disclosure」に投稿した同コードは、ネットワークに接続されているOracleデータベースを探し出すワームのもの。標的を発見すると、複数のデフォルトユーザーネームおよびパスワードを組み合わせて用い、ログインを試みるという。同ワームは、アクセスが許可された場合、攻撃の一環としてデータベース内にテーブルを作成すると、ネットワーク上の脅威を調査するSANS Internet Storm Center(ISC)は述べている。

 SANS ISCのブログには、「現段階では、このワームはそれほど深刻な脅威というわけではない。だが、さまざまな拡散手段を持つ同ワームの亜種が将来出現する徴候であると受け止めることはできる」と記されていた。

 同ワームは攻撃の一例を提示する、いわゆる概念実証コードで、不特定多数に対し無作為に攻撃を実行するものとは異なる。Oracleセキュリティの専門家で、ドイツのRed Database Securityを経営するAlexander Kornbrustは、「わたしが知る限り、これはOracleデータベースを狙った初めてのワームだ」と話した。Microsoftの「SQL Server」やオープンソースの「MySQL」は、かつて不正プログラムの標的になったことがある。

 Kornbrustは電子メールによるインタビューに応じ、「この特殊なワーム自体の危険性は低いが、さまざまな可能性を十分に持っている」と述べ、「これは、データベースの安全性をさらに高めよ、というデータベース管理者に向けたメッセージでもある」と話した。

 Oracleはこのところ、セキュリティに関して注目を集めるようになっている。カリフォルニア州レッドウッドに拠点を置くソフトウェアメーカーOracleは、セキュリティに対する取り組みについて批判され、セキュリティ研究家らとの関係も悪化している。しかし、今回のワームコードが添付された電子メールの件名ともなった、同社CEOのLarry Ellisonは、Oracle製品の安全性を今も喧伝している。

 英国ヨークに居住するOracleセキュリティ専門家Pete Finniganも10月1日、Kornbrustと同様のコメントをブログに投稿した。「脆弱なデータベースを運用している者にとっては、不安の種となる出来事だ」(Finnigan)

 この対Oracleワームは、「SQL Slammer」ワームとは異なり、実際にデータベース内に侵入して保管データに干渉できる点が特に懸念されていると、セキュリティベンダーImpervaのCEOであるShlomo Kramerは指摘している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]