オペラ、AJAX採用のモバイルアプリケーション開発キットを発表

Jonathan Bennett(Builder UK) 2005年11月17日 17時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Operaが、「Opera Platform」と呼ばれる携帯電話向けウェブブラウザ/ユーザーインターフェースパッケージ用のソフトウェア開発キット(SDK)のベータ版を発表した。

 この発表は、ロンドンで現地時間15日に開催されたWorld Wide Web ConsortiumのMobile Web Initiativeに合わせて行われた。Operaはこの計画により、開発者にとっては開発が容易で、エンドユーザーにとっては低コストなモバイルアプリケーションの実現を目指す。

 Opera Platformは、ネイティブインターフェースを使った携帯電話のフロントエンド開発を目的として2年前に発表された。このSDKは、携帯電話にインストールされたHTML、CSS、JavaScriptなどのウェブ言語を使った携帯電話用アプリケーションの開発を支援する。

 Opera Platformはさらに、アドレス帳やSMSメッセージ送信機能など、これまで開発者がさわれなかった電話機独自の機能も利用できるようにする。

 SDKが全機種に対応したアプリケーション開発機能を提供せずに済むよう、Opera Platformはメーカーが自社の電話機のOSに組み込む必要がある。実際、新しい電話機の多くに搭載されているJava 2 Micro Editionなどのほかの技術と比べると、このSDKの立場は不利な状況にある。

 ウェブアプリケーションでのAJAX利用は、「Google Maps」などのサービスが登場してから増加した。ウェブページ全体ではなく、XMLでエンコードされたデータだけを転送するAJAXアプリケーションは、はるかにインタラクティブに見せることができる。

 Operaのモバイル製品担当バイスプレジデントTimo Brunsは声明のなかで、「フルブラウザは、携帯電話の中心的なアプリケーションとしての立場を築いており、今日の携帯電話網を流れるデータの多くはブラウザで利用されている」と述べた。

 Opera PlatformとSDKが掲げる目標の1つが、アプリケーションが機能するために転送されるデータ量の低減だ。フロントエンド用のHTMLが既に電話機に格納されているため、無線でダウンロードしなくてはならないデータ量が減る。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化