TRUSTe、安全なソフトウェアの認定制度を発表--2006年初めよりベータテスト開始へ

Joris Evers (CNET News.com) 2005年11月17日 17時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ワシントン発--インターネット企業で結成された業界団体が米国時間16日、ダウンロード認証プログラムを発表した。これは、ユーザーが使い易くて安全なソフトウェアを入手できるようにするための制度である。

 今回発表された「Trusted Download Program」は、America Online、Yahoo、CNET Networks、Verizon、Computer Associatesの後援の下で開発された。各社が発表した声明によると、「Trusted Download Program」のベータテストは2006年初めよりスタートする予定で、これを利用するインターネットユーザーは、TRUSTeに認証されたアプリケーションのリストにアクセスできるようになるという。

 TRUSTeのエグゼクティブディレクターFran Maierは声明のなかで「ユーザーがソフトウェアをダウンロードする頻度が高まっている。こうした状況下では、ユーザー自身が、コンピュータに保存されるプログラムを選定をする権利をもつ必要がある」と述べた。プログラムは、当地で16日朝に発表された。

 スパイウェアとアドウェアは、配信方法が狡猾なうえ、不正にユーザーデータを収集し、コンピュータに過重な負荷をかけるとして、非難の的とされてきた。アドウェアメーカーは、これらのプログラムにも合法的な使用方法があると主張するが、今では、これらの迷惑プログラムの排除を目指す企業がひしめく新たな市場まで誕生している。

 Trusted Download Programの取り組みでは、アドウェアやスパイウェアのブラックリストが作成されるわけではない。その代わり、自社製ソフトウェアの認定を希望する企業は、製品の振る舞いを明確に説明する必要がある。ユーザーは、説明に同意したうえで、これらのプログラムをダウンロード、インストールする仕組みだ。

 各社が発表した声明によると、広告を表示したり、ユーザーの行動を監視したりするソフトウェアを提供する企業は、表示される広告の種類や、ユーザーから収集する情報のタイプなどを明示しなければならないという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化