TRUSTe、安全なソフトウェアの認定制度を発表--2006年初めよりベータテスト開始へ

Joris Evers (CNET News.com)

2005-11-17 17:28

 ワシントン発--インターネット企業で結成された業界団体が米国時間16日、ダウンロード認証プログラムを発表した。これは、ユーザーが使い易くて安全なソフトウェアを入手できるようにするための制度である。

 今回発表された「Trusted Download Program」は、America Online、Yahoo、CNET Networks、Verizon、Computer Associatesの後援の下で開発された。各社が発表した声明によると、「Trusted Download Program」のベータテストは2006年初めよりスタートする予定で、これを利用するインターネットユーザーは、TRUSTeに認証されたアプリケーションのリストにアクセスできるようになるという。

 TRUSTeのエグゼクティブディレクターFran Maierは声明のなかで「ユーザーがソフトウェアをダウンロードする頻度が高まっている。こうした状況下では、ユーザー自身が、コンピュータに保存されるプログラムを選定をする権利をもつ必要がある」と述べた。プログラムは、当地で16日朝に発表された。

 スパイウェアとアドウェアは、配信方法が狡猾なうえ、不正にユーザーデータを収集し、コンピュータに過重な負荷をかけるとして、非難の的とされてきた。アドウェアメーカーは、これらのプログラムにも合法的な使用方法があると主張するが、今では、これらの迷惑プログラムの排除を目指す企業がひしめく新たな市場まで誕生している。

 Trusted Download Programの取り組みでは、アドウェアやスパイウェアのブラックリストが作成されるわけではない。その代わり、自社製ソフトウェアの認定を希望する企業は、製品の振る舞いを明確に説明する必要がある。ユーザーは、説明に同意したうえで、これらのプログラムをダウンロード、インストールする仕組みだ。

 各社が発表した声明によると、広告を表示したり、ユーザーの行動を監視したりするソフトウェアを提供する企業は、表示される広告の種類や、ユーザーから収集する情報のタイプなどを明示しなければならないという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]