編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

イタリア郵政省グループ、SOA基盤にアイオナの「Artix」を採用

CNET Japan Staff

2005-12-16 08:37

  IONA Technologiesは12月14日、エクスプレスメール、物流、金融サービスにおけるイタリアのリーディング企業であるイタリア郵政省グループがIONAのエンタープライズアイオナテクノロジーズサービスバス(ESB)である「Artix」を採用したことを明らかにした。

 Artixはイタリア郵政省のサービス指向アーキテクチャ(SOA)プロジェクトの基盤となるコンポーネントとして、ビジネスパートナーインテグレーション(BPI)プロジェクトのインフラ部分を担う。

 同製品は、あらゆるIT環境において安定してサポートすることのできるテクノロジーであり、拡張性の高いプラグインアーキテクチャによる複数のITプラットフォームとの連携が実現されていることや、将来の拡張性が評価された。

 イタリア郵政省グループは、全国に1万4000カ所の郵便局、15万4000人の従業員、9つの地域に6万のサービスカウンターをもつ140支店を持つ。BPIプロジェクトは、イタリア郵政省の郵便局のネットワークを利用して製品やサービスを市場へ供給するパートナー企業や政府本体とのインテグレーションのために進められる。

 なお、この郵政ネットワークは2006年に拡大するe-ガバメントサービスの開始をサポートする予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]