編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら

日立、九州での事業強化で、4月に九州グループ会社の営業/SE部門を統合

ニューズフロント

2006-01-27 14:35

 日立製作所(日立)は4月1日付けで、九州地域のグループ会社の営業、システムエンジニアリング(SE)部門を統合する。日立、日立システムアンドサービス(日立システム)、日立システム九州の3社が1月27日に明らかにしたもの。日立グループが進める、地域別の事業体制強化策の一貫という。

 日立の九州地域における製造/流通分野の営業部門と、日立エイチ・ビー・エムの九州地域向け営業、SE部門を日立システム九州に統合する。

 統合後、日立システム九州は九州地域での情報システムの営業、企画、構築、運用を一貫して行う。

 日立システム九州は、2002年4月に日立システムの九州支社が分社化して設立。同年10月、日立の九州地域における金融、製造/流通分野のSE部門の移管を受け、現在170人体制で事業を行っている。

 日立グループでは今回の部門統合により、営業員とエンジニアを合計約250人に増員し、九州地域で情報システム事業の競争力を強化。2007年3月末時点で売上高90億円を目指す。

 また日立システム九州の資本構成も変更する。日立システムから日立への株式譲渡により、現在日立30%、日立システム70%である出資比率を、日立90%、日立システム10%に変更。日立が日立システム九州を子会社化する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]