編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら

ハイニックス製DRAMに対する補助金相殺関税が決定

ニューズフロント

2006-01-27 14:45

 エルピーダメモリは1月27日、韓国Hynix Semiconductor製DRAMに対する補助金相殺関税の賦課が決定したと発表した。同日付の官報によると、Hynixの製造したDRAMチップおよびDRAMモジュールのうち、2010年12月31日までに輸入される製品に対して相殺関税を適用する。

 エルピーダメモリとマイクロンジャパンは、2004年6月に賦課申請書を財務大臣に提出し、関税の賦課を求めた。これに対し、財務省と経済産業省は当初2005年8月3日までとしていた調査期間を6カ月延長し、追加提出された証拠の検討などを行っていた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]