編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

東芝、省スペースで静かなIAサーバー、SOHOや店舗向けに

WebBCN (BCN)

2006-02-02 11:28

 東芝(西田厚聰社長)はインテルのCPUを搭載したIAサーバー「MAGNIA Zシリーズ」の新モデル「MAGNIA Z330S」を発表した。2月下旬から出荷を開始する。

 バリエーションは「タワー型」と「ラック型」の2タイプ。きょう体は高密度設計を行い、2Uハーフサイズ(幅233×高さ99mm)にすることで、机の上にも設置できる省スペース性を確保した。また、内部の部品配置の最適化し、動作音を40デシベルまで抑えた。

 長期間の導入を想定し、2008年2月まで2年間の製品供給に対応する。さらに希望ユーザーには09年2月まで3年間の出荷にも応じる。CPUはPentium4 3EGHz、メモリは256MBから4GB、HDDが80、146、250GBから選択できる。

 税込み価格はメモリ256MB、HDD80GBで「タワー型」が27万3000円、「ラック型」が27万7200円。SOHOや企業の小規模部門向けのファイル・プリントサーバーやメールサーバー、店舗に設置するサーバーとして売り込む。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]