編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

プロトン、情報漏えい対策ソフトとUSBメモリキーのセキュリティパック

WebBCN (BCN)

2006-02-08 11:19

 プロトン(二瓶孝二社長)は、セーフリード(若月文男社長)と提携し、情報漏えい対策ソフト「DeviceLock V5.7」に、暗号化アプリ内蔵USBメモリ「CRYPTY U」をバンドルした「DeviceLock V5.7 セキュリティパック」を2月8日に発売する。

 「DeviceLock」は、CD-ROMドライブやUSBデバイスなど、クライアントPCに対してデバイスへのアクセス制御を設定できるデバイスアクセスコントロールソフト。「CRYPTY U」は、シーフォーテクノロジーが開発しセーフリードが取り扱っている製品で、USBメモリに保存されたデータをすべて暗号化し、安全に持ち運べるようにする。

 「DeviceLock V5.7 セキュリティパック」では、特定のUSBメモリのみにアクセス許可を与える「DeviceLock」のホワイトリスト機能を利用し、各パソコンで社員に配布した「CRYPTY U」しか使用できないように設定できる。こうすることで、USBメモリの使用を完全に禁止することなく、個人情報や営業機密などの不正持ち出しや盗難などによる情報漏えいを防止する。

 また、万が一「CRYPTY U」の紛失・盗難が起きた場合でも、内部データは暗号化されているので、第三者によるデータの悪用を防止することができる。さらに、個人情報漏えい事故が起きた場合の賠償責任を担保する損害保険が付帯する。

 税別価格は、購入後1年間のサポート料金込みで「DeviceLock V5.7 セキュリティパック10」が15万7500円、「同 50」が60万3000円、「同 100」が114万3900円。2年目以降は、別途サポート料金が発生する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]