トリプルプレイでトラフィックはますます増加する--ファウンドリーネットワークス

田中好伸(編集部) 2006年03月10日 06時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 生活はもちろんビジネスでもインターネットへの依存度が高まっている。その傾向とともに、ネットワークの広帯域化は強まっており、ネットワーク機器の高速化の傾向も強まることになっている。ネットワーク機器大手の米Foundry Networksでスイッチ関連のプロダクトマーケティングディレクターを務めるGopala Tumuluri氏に話を聞いた。

--2月に発表した「ServerIronGT 10G」シリーズとはどういった製品になるのでしょうか。

 この2月に発表したServerIronGT 10Gシリーズは、いわゆるレイヤ4-7スイッチであり、10Gビットに対応したアプリケーションスイッチです。この2月に発表したのは、同シリーズを構成する「ServerIronGT C 10Gx2」と「ServerIronGT E 10Gx2P」の2種類です。

 どちらも10Gビットに対応したポートを2つ備えており、購入後に拡張できるモジュール型スロットを取っています。Cの方は、高さ2Uでファンの取り外しができます。ファンが取り外しできるのは、ラックに収めて、より高密度に集積させたいとした時に対応しやすくするためです。Eの方は、モジュール型スロットを4つ備えており、ホットスワップに対応しています。またEの方は、管理しやすさを考えて、電源を前面に配置しています。

--このような製品を市場に投入するのは、どういったことが背景にあるのでしょうか。

 企業では、システムを一元化する方向にあり、データセンタも統合しようとしています。データセンタを統合することは、データセンタ1カ所あたりのトラフィックも増大することになります。またそれと平行して、企業内で利用されるアプリケーションもウェブアプリケーションへの移行がかなり進んでいます。このこともつまりトラフィックの増加を招くことになります。

 このようなことから、アプリケーションスイッチやロードバランサには、今まで以上の高性能が求められています。しかし、その一方で、従来のアプリケーションスイッチやロードバランサがボトルネックとなるという局面が出ています。今回発表した新製品は、このような市場とのギャップを埋めるためのものです。

 また、サービスプロバイダは、従来製品よりも高いパフォーマンスと高いスループットを求めており、今回の新製品はサービスプロバイダからのニーズにも対応できます。

--企業は、データセンタの使用料にも頭を抱えていますが、同時に電力消費量にも頭を悩ませています。

 そうですね、企業がデータセンタの使用面積と電力消費量の両方に悩んでいるという話はよく聞こえてくる話題です。  今回発表した製品は、その両方を解決できるものだと考えています。というのは、Cはモジュール型スロットを3つ備えていることで、省スペースを実現できるからです。これは日本のデータセンタ向けの製品とも言えるでしょう。また、その消費電力は500ワットですが、これは市場に流通している他社製品と比べて3分の1を実現しています。

--先ほどトラフィックが増加していると言いましたが、どの程度増加しているのでしょうか。

 この2〜3年でトラフィックは年率20〜30%ずつ増加しています。しかし、この増加率は、アプリケーションのウェブ化を考えると、今後ますます高まるものと考えています。

 現在、トラフィック増加の原因はウェブやメールだとされています。しかし、現在は、これらデータに加えて、音声やビデオもIPを通じて流通するようになっています。いわゆるトリプルプレイ・サービスが今後ますます普及することが容易に想像できます。こうしたことを踏まえても10Gビットへの対応が求められるようになっています。

 日本ではVoIP、いわゆるIP電話の普及が拡大しているそうですね。しかし、現段階でVoIPはそれほどトラフィック増加の主流ではありません。もちろん、今後のことを考えると、VoIPがトラフィック増加の大きな原因になることは否定できません。

--日本という市場をどのようにとらえていますか。

 先ほどのIP電話の普及に加えて、日本ではブロードバンドのアクセス回線が一般家庭に普及していますよね。さらに、ワイヤレスの点でも、多くのユーザーが利用しています。日本国内のトラフィックも実際多いです。これらのことを考えると、日本のネットワーク事情は世界の最先端を走っていると言えるでしょう。

 今後はIPをベースにしたコミュニケーションが増加するわけですが、そうしたことを考えると高性能で高いスループットを実現できるスイッチは、非常に重要なネットワーク機器になります。日本では、ネットワーク機器自体の品質はもちろん、通信品質に対しても、非常に厳しいと思います。その日本でも、わたしたちの製品は実用に耐えうるものだと信じています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連載

CIO
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]