編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

OSDL、メンバーSI企業の活動成果を「Linux/OSSシステム構築情報」として公開

ニューズフロント

2006-03-13 16:01

 企業分野でのLinuxの普及促進を目的とする業界団体Open Source Development Lab(OSDL)は3月13日、OSDLメンバーのシステムインテグレータ(SI)によるワーキンググループSI Forumの活動成果をまとめ、Linuxおよびオープンソースソフト(OSS)を活用、導入する際の参考となる文書「Linux/OSSシステム構築情報」として公開を開始した。OSDLのウェブサイトから無償で入手できる。

 SI Forumワーキンググループは、LinuxおよびOSSでシステムを提案/構築する際の共通課題に関する意見交換と、Linux/OSSの活用促進を目的に、OSDLメンバーのSI各社が2005年2月25日に設立した。現在、13社が参加している。

 Linux/OSSシステム構築情報は、Linux/OSS活用の課題分析、提案依頼書(RFP)作成の手引き、OSSシステム要員を養成するための情報、活用事例、Linuxディストリビューションと対応アプリケーションの動作情報、OSDLに加盟しているOSS取り扱いSIの情報を提供する。

 OSDLでは、今後も情報を追加、更新していくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]