編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

日商エレ、次世代ドキュメント・ファイリング・ソフトウェア

WebBCN (BCN)

2006-03-15 11:58

 日商エレクトロニクス(日商エレ、辻孝夫社長)は、ドキュメント・ファイ リング・ソフトウェア「NaviID」を発売した。価格は、1サーバライセンスが165万円から、50検索クライアントライセンスが180万円から、100検索クライアントライセンスが300万円から。

 「NaviID」は、企業内で発生する大量の紙文書・イメージデータなどの不定 形データを統合管理するドキュメント・ファイリング・ソフト。紙文書をスキ ャニングしてイメージデータ化すると同時にインデックス付けし、そのデータ を可用性の高いRAIDディスクでストレージ管理する。

 管理データは、インデックスデータベースにより部門、ユーザー別に保管・検索が可能で、従来は文書ごとに導入されていた部門別の専用文書管理システ ムを統合することもできる。そのため、サーバや検索ソフトの設備投資と運用 コストを3分の1に抑えられる。また、管理画面もGUI(グラフィカルユーザー インターフェイス)でユーザー環境・使用権限・帳票仕様等が簡単に設定でき るようにした。今後はe文書法および日本版SOX法への対応も予定している。

 日商エレ大手企業、官公庁、自治体、金融、流通市場を中心に、初年度3億 円の売り上げを見込んでいる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]