レッドハット、仮想化ソフト「Xen」をRHEL 5に搭載へ

文:Stephen Shankland(CNET News.com)
翻訳校正:坂和敏、尾本香里(編集部) 2006年03月16日 11時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--Red Hatは米国時間3月14日、2006年末までに仮想化技術を主流のLinux市場に投入することを発表した。この動きは同社がサーバの効率を劇的に改善することを約束するものとなる。

 Red Hatはすでに主要な仮想化のコンポーネントであるハイパーバイザーソフトウェア「Xen」を次の有料バージョンの「Red Hat Enterprise Linux 5(RHEL 5)」に搭載する。同OSは2006年末までに登場する予定となっている。だが、同社幹部はこの日、節目となるRHEL 5の公開に至るいくつかのステップについて詳細を説明した。

 同社が現在計画しているのは、Xenを完全サポートするLinuxのテストバージョン公開、顧客による実験プログラムの実施、Red Hatによる技術評価や移行に関するサービスの実施、さまざまな教育目的の情報を載せたウェブサイトの開設、仮想化関連の再利用可能なソフトウェアをまとめた「Libvirt 」ライブラリ、そしてXenの制御に使うインターフェースの安定化の取り組みなどである。

 複数のOSを1台のコンピュータ上で動かし、効率を改善する技術は、何十年も前から存在しているが、現在はこの技術が主流のx86サーバで普及しつつある。Red HatのパートナーであるIntelとAMDはそれぞれ自社のプロセッサに複数の機能を追加し、仮想化に関する性能や機能の改善を進めている。またXenの仮想化ソフトウェアは複数のOSの基盤を提供することから、待機状態にあることが多い複数のマシンの代わりに1台のシステムで作業を済ませることも可能になる。

 「これまでのサーバ稼働率が20%以下で、われわれのアプローチではこれを80%まで高められると仮定すれば、非常に大きくコストを削減できるのは明らかだ。それも、ハードウェアだけでなく、サーバを置くスペースや電力、熱処理の問題、システム管理コストなど、さまざまな点でメリットが期待できる」と同社最高技術責任者(CTO)のBrian Stevens氏は説明した。

 Red Hatは、3月20日に公開予定の「Fedora Core 5」のリリースを受けて、Xenがかなり広範に試験運用されることになると見込んでいる。先行バージョンの「Fedora Core 4」にもXenは含まれていたが、これは経験豊富なプログラマーが数多くのコンポーネントを手作業でアセンブルすることを求められるような原始的な形態でしかなかった。

 「Fedora Core 4は統合とは縁遠い代物だった」とStevens氏は言う。しかし、Fedora Core 5では「どうすればそれを大勢のユーザーに使ってもらえるか」に重点が置かれているという。この目的を実現するため、同OSはIntelの仮想化技術をサポートし、今後AMDの仮想化技術が登場した際にはそれもサポートする予定だという。

 次の節目となるのは、今年夏に予定しているRHEL 5のベータ公開だと、Red HatのTim Yeaton氏(エンタープライズソリューション担当エグゼクティブバイスプレジデント)は述べた。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化