編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

仮想化ソフトのバーチャルアイアン、Xenの管理も可能に

Stephen Shankland (CNET News.com)

2005-08-09 20:39

 仮想化ソフトウェアを開発する新興企業のVirtual Ironは、同社の管理用ソフトウェアの機能を拡張し、競合する仮想化ソフトの「Xen」を制御できるようにした。

 XenとVirtual Ironには、ともに仮想化ソフトの開発プロジェクトを運営している。この技術を利用すれば、1台のコンピュータ上で複数のオペレーティングシステム(OS)を同時に稼働させることが可能だ。仮想化のアプローチをとれば、無駄のないインフラをつくり出すことでコンピュータをさらに効率的に動かせるようになり、優先順位の高いタスクにより多くのリソースを割り当てる一方、アイドル状態のマシンをなくすことができるとされている。

 Virtual Ironは、このインフラ部分を管理すること--たとえば、仮想マシンを新しく構成する、あるいは仮想マシンをコンピュータ間で物理的に移動することから、利益を得られると考えている。同社は、開催中の「LinuxWorld Conference and Expo」で、管理ソフトウェアの機能を拡張し、Xenとの使用が可能になったことを明らかにした。

 「Xenは、早期に採用した企業の中で、ある程度の支持を得ている。しかし、Xenがもっと広範に採用される日が来ると考えている」と同社最高マーケティング責任者(CMO)のMike Grandinettiは述べている。

 仮想化ソフトウェアの管理に力を注ぐことは、賢明な選択であるとIlluminataのアナリストGordon Haffは述べる。同氏はその理由として、仮想化ソフトウェアが、MicrosoftとXenに加え、業界リーダーであるVMwareからも販売されている点を挙げている。

 Virtual Ironは、管理用ソフトウェアと仮想化ソフトウェアの販売を7月に開始している。同社は、Xenを管理する機能を追加する予定だとGrandinettiは説明する。Virtual Ironの価格は、最大32基のプロセッサを搭載するサーバを制御するソフトウェアの場合で5万ドルからとなっており、Xenの管理機能もこのなかに含まれる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向 けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]