編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

IDCが2005年の国内PCモニタ市場実績を発表-液晶モニタの割合は約99%に

吉澤亨史

2006-03-28 18:14

 インターナショナルデーターコーポレイションジャパン(IDC Japan)は3月28日、2005年の国内PCモニタ市場実績と予測を発表した。発表によると、2005年の国内PCモニタは約739万台が出荷された。このうちLCD(液晶ディスプレイ)モニタが約730万台で、市場全体に占める割合は98.9%に達した。一方、CRT(ブラウン管)モニタの出荷台数は8万台余りにまで減少した。

 2005年に出荷されたLCDモニタは、サイズ別では17インチが56.4%と最も多く、次いで15インチが20.8%を占めた。ただし、15インチのニーズは徐々に減少している。コンシューマ向けデスクトップPCで急増した20インチワイドの台数が伸びており、全体として大型化の傾向にあるとしている。

 LCDモニタのベンダーシェアでは、2005年第4四半期の時点で三菱電機が22.2%、アイ・オー・データ機器が22.1%となり、アイ・オー・データ機器のシェアが三菱電機に肉薄している。これは、老舗のイーヤマの民事再生法申請によりシェアが激変し、ラインアップの近いアイ・オー・データ機器に有利に働いたとIDC Japanが分析している。

 今後の市場予測では、2007年末から2008年初頭にはCRTモニタの出荷がほぼゼロになるとしており、LCDモニタの市場は2010年には約746万台になると予測している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]