編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アッカ、「WiMAX推進室」を設立し、周波数獲得と商用化目指す

ニューズフロント

2006-04-03 21:03

 アッカ・ネットワークスは4月3日、2.5GHz帯を利用した無線ブロードバンドサービスの商用化に向け、「WiMAX推進室」を設立したと発表した。同社代表取締役社長の坂田好男氏が室長を務め、アッカ社内のWiMAX関連プロジェクトチームを専任部署として組織化。「業務内容と責任を明確にし、さらなる取組みの強化を図る」(同社)という。

 アッカは、総務省が無線ブロードバンドサービス帯域として割り当てを検討する2.5GHz帯の周波数獲得を目指しており、その通信規格の有力候補とされるIEEE802.16e(モバイルWiMAX)について研究を進めてきた。

 モバイルWiMAXは、最大伝送速度が上下75Mbpsで、時速120kmで移動する際もデータ通信を行える。既存の第3世代携帯電話などが採用する規格と比べ、コスト優位性が高いのが特徴という。アッカでは、モバイルWiMAXを用いた固定/無線ブロードバンドの融合サービス(FMC)などを計画しており、新部署設立はこうした取り組みの一環という。

 なおアッカは新部署設立後も、検討対象をモバイルWiMAXに限定せず、無線ブロードバンドサービス市場の変化にあわせて、ほかの規格にも着目していくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]