編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ダッソー、「Virtools」ソリューションに3D XML技術を採用

CNET Japan Staff

2006-04-03 22:41

 Dassault Systemesは3月15日、同社のビジョンである「3D for All」(あらゆるユーザーに3Dを)を具現する最上位ソリューション「Virtools Dev 3.5」プラットフォームに3D XMLフォーマットを採用すると発表した。

 3D For Allを提唱するDassault Systemesは、リアルタイムの対話型環境で仮想的な製品を使ってエンドユーザーの使い心地を再現する総合ソリューションの提供を目指している。最上位のVirtoolsソリューションを3D XML技術に対応させることは、その第1歩という位置づけだ。

 今回の3D XML採用でDassault Systemesは、Virtoolsを製品使用のシミュレーションや人間工学的視点からの検証、魅力的なショッピング空間づくり、トレーニングへの利用だけでなく、ブランド力強化、広告、Webマーケティングなどの用途でも使えるソリューションとして提供したいという。

 たとえば、街を走るクルマからの眺めを映像で表現することが容易にでき、ユーザーには、ブラウザを通してオンラインで体験してもらえるようになる。大規模なバーチャルリアリティ環境の構築にも対応する。

 3D XMLは、XMLをベースに開発された汎用フォーマット。高精度な3Dコンテンツをリアルタイムに共有できる。Dassault Systemesでは、すでにCATIA、DELMIA、ENOVIA、SMARTEAM、SolidWorksの全製品ラインに3D XMLフォーマットを採用している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]