編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ボーイング、最新鋭旅客機「787 Dreamliner」開発でダッソーのソリューションを活用

CNET Japan Staff

2006-05-24 08:37

 Dassault Systemesは5月22日、3DおよびPLMソリューションを通じてBoeingとそのグローバルなパートナー企業チームにとって重要な役割を果たしていると発表した。

 Boeingの最新鋭ジェット旅客機「787 Dreamliner」の開発チームは、同社の「Global CollaborativeEnvironment(GCE)」と呼ばれるコラボレーション環境を活用し、同社のすべての新型ジェット旅客機25%の設計リリースを完了した。GCEは、Dassault Systemes のソリューションであるENOVIAを活用し、約2年前から導入されている。

 787はに携わるチームは、2次サプライヤー以下も含めると世界20数カ国、135カ所以上の拠点で活動を行っている。GCEをはじめとするDassault Systemes のソリューションを活用することで、これらの拠点において同時進行で787の設計を進めることが可能になった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]