シマンテック、最新のサイバー犯罪に対応するセキュリティソリューション

WebBCN (BCN)

2006-05-24 10:35

 シマンテック(木村裕之社長)は5月23日、最新のサイバー犯罪に対して総 合的な保護効果を発揮する「Symantec Client Security 3.1」と「Symantec AntiVirus Corporate Edition 10.1」を5月30日に発売すると発表した。

 「Symantec Client Security 3.1」は、スパイウェア対策エンジンをダウン ロードし、「検知/駆除」機能を常に更新できるようになった。製品全体をア ップデートすることなく、常に最新の状態を維持できるため、日夜変化する複 雑なリスクに対しても即座に保護効果を発揮できる。

 また新たに「クライアント環境設定機能」を追加し、クライアントの環境設 定と管理を確実に実行できるようになった。このコンソールにより、クライア ントのコンプライアンス機能の設定、環境設定のリセット、システムの管理ポ リシー準拠状況の定期的なチェックなどが行えるため、ユーザーによるセキュ リティ設定変更を原因とするセキュリティリスク発生の危険を緩和できる。

 「Symantec AntiVirus Corporate Edition 10.1」は、セキュリティリスク につながるソフトのインストールを予防的にブロックし、アドウェアやスパイ ウェアなどのマルウェアを阻止できるエンタープライズ向けセキュリティソリ ューションで、LiveUpdateによる自動更新機能も備える。

 どちらも、リアルタイムでのスパイウェア防止機能を強化するとともに、新 たにエンタープライズ規模でのレポート機能を追加。スパイウェアと悪意のあ るコードに対して、エンタープライズ規模での監視とレポーティングが可能で、システム管理者は、ウイルスの出現や新たなウイルスイベントについて、メール によるアラートを設定できる。アラートメールの中にはハイパーリンクがあり、 個々のサーバーやクライアントグループ単位でのトラブルシューティングの詳細 情報にすぐアクセスすることもできる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]