編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

ヴイエムウェア、「VMWare Infrastructure 3」を近く発売 - (page 2)

文:Mike Ricciuti(CNET News.com) 翻訳校正:緒方亮、福岡洋一

2006-06-05 20:23

 IntelやAdvanced Micro Devices(AMD)までもがハードウェアによる仮想化のサポートを掲げ、この技術を主流にすべく取り組んでいる。VMwareはMicrosoftに対して価格による圧力をかけているが、一方でXen projectは、WindowsのライバルLinuxに大きなリードを与えている。

 2007年の登場が予定されているOS「Longhorn Server」(開発コード名)には改良された仮想化ツールが付属すると、Microsoftは話している。

 Microsoftは主要機能を自社のサーバOSに組み込むことで仮想化を実現しようとしているが、Greene氏はこれに対し、そうした機能を切り離してインフラストラクチャソフトウェアとするほうが良いと主張している。将来、背後のOSをどうするかという決定は「問題とならなくなるだろう」と、Greene氏は言う。「アプリケーションの作り手が、発表したいアプリケーションに最適なOSを選択するようになる」

 VMWareによると、VMWare Infrastructure 3は6月に3つのバージョンで発売される。価格は、中小企業向けの「VMware Infrastructure Starter」が2プロセッサあたり1000ドル、部門レベルで環境を整理統合する企業向けの「VMware Infrastructure Standard」が2プロセッサあたり3750ドル、大企業向けの「VMware Infrastructure Enterprise」が2プロセッサあたり5750ドルとなっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]