編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

KCCS、3Gデータ通信サービスでイントラネット接続機能を追加

WebBCN (BCN)

2006-06-09 08:05

 京セラコミュニケーションシステム(KCCS、森田直行社長)は、KDDIの3G(第三世代携帯電話)を使った準定額制データ通信サービス「KWINS 3G」で、ゲートウェイ機能を追加、サービスを開始した。

 ゲートウェイサービスでは、インターネットだけでなく、社内のイントラネット接続も可能になる。また、KCCSのPHSデータ通信サービス「KWINS 4X」や「KWINS 8X」、公衆無線LANサービス、統合認証ソリューション「NET BUREAU」で同一ID・パスワードを使ってサービスを利用することができる。

 KCCSは、MVNO(仮想移動体通信事 業者)として、KDDIの3G高速データ通信サービス「CDMA 1X WIN」を独自ブランドの「KWINS 3G」として企業向けに再販してきた。従来サービスでは、インターネット接続のみ可能だったが、ユーザーから社内のイントラネット接続の要望が高かったこ とから今回、サービスを追加した。

 月額利用料金は、1IDにつき500円。通信には「KWINS 3G」の契約が必要。年間で2万IDの販売を目指す。

京セラコミュニケーションシステム

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]