編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロニック、大面積フォトマスク向け新型レーザー描画装置「FPS5100」

ニューズフロント

2006-06-16 17:56

 マイクロニックジャパンは6月16日、大面積フォトマスク向けの新型レーザー描画装置「FPS5100」を発表した。ただし、価格や提供開始時期など、詳細については明らかにしていない。

 FPS5100は、「大面積ディスプレイ用フォトマスク製造において業界標準となっている」(マイクロニック)描画機「LRSライン」をベースとする新製品。マイクロニックでは、「先進の半導体パッケージングや単純マトリックス駆動型TN/STN液晶ディスプレイなど、大面積アプリケーション用フォトマスクの大量生産に適している」と説明する。

 スループットは毎分1万2000平方mmに達し、メイン描画グリッドは最小0.4ミクロンまで対応可能。「最小の所有コストを提供するとともに、ターンアラウンドタイムを短縮し、製造計画の策定を容易にする」(マイクロニック)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]