編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

Linuxカーネル2.6.17が公開に

文:Graeme Wearden(Special to CNET News.com) 翻訳校正:尾本香里(編集部)

2006-06-21 12:20

 Linuxカーネル2.6.17の正式版が週末にリリースされた。

 新バージョンにはさまざまな新機能が加わっている。Sun MicrosystemのNiagaraチップアーキテクチャやBroadcomの43xxベースのワイヤレスカードなどがサポートされたほか、複数の点においてパフォーマンスの改善が図られている。

 Broadcomのワイヤレス技術は多くの市販ワイヤレスデータカードで採用されている。Linux-Watchの記事によると、カーネルのワイヤレススタックに追加され、Linuxの802.11技術と連動するソフトウェアMAC(Machine Access Control)レイヤ「Softmac」のおかげで、Broadcom製ワイヤレスデータカードのドライバサポートが実現したという。

 さらに、ユーザー名とパスワードを入力してワイヤレスクライアントとネットワーク間の認証を行うCisco SystemのLightweight Extensible Authentication Protocol(LEAP)も新たにサポートされた。

 これらはいずれもノートPC上でのLinuxの利便性を向上させるもので、モバイルワーカーやITマネジャーの間でのLinuxの普及につながるものと期待されている。

 同カーネルはLinux Kernel Archivesサイトからダウンロード可能で、変更点に関する情報も同サイトで入手できる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]