編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

インテルのViivはどこまで進化したのか

藤本京子(編集部)

2006-06-23 17:56

 インテルがデジタルホームを実現するためのPCプラットフォームとして推進する「Viiv」。このViivはどこまで進化を遂げたのか。インテルは6月23日、都内にてViivの現状を説明する記者セミナーを開催し、Viivが近い将来ハードウェアとソフトウェアの両面からアップグレードされるとした。

 説明にあたったのは、インテル マーケティング本部長の阿部剛士氏。同氏は、まずハードウェア面のアップグレードについて、「第3四半期に新プラットフォーム「Bridge Creek」(開発コード名)が登場する予定だ」と述べた。Bridge Creekには、7月に発表が予定されている新型プロセッサ「Intel Core 2 Duo」が搭載される。このプロセッサは、「Conroe」(開発コード名)と呼ばれていたものだ。

阿部氏 インテル マーケティング本部長の阿部氏

 また、ソフトウェアについては、これまでのバージョン1.0から1.5にアップグレードされる。Viivソフトウェア1.5の特徴として阿部氏は、メディア管理機能とリモートユーザーインターフェース機能、ハブコネクトテクノロジを挙げている。

 メディア管理機能とリモートユーザーインターフェース機能により、例えばリビングルームのPCと他の部屋のPCをつないで管理し、両PCで同じインターフェースを再現できるほか、ひとつのPC内にあるコンテンツを他のPCでも見ることができるようになる。また、ハブコネクトテクノロジにより、ネットワークの設定が簡素化され、PCに接続された機器をすべて図で表示できる。

 バージョン1.5は、すでに完成しており、メーカー各社から発表されるViiv対応の次期PCには新バージョンが搭載された状態で出荷される。また、Viiv対応の周辺機器にCD-ROMとして同梱されるほか、インテルのウェブサイト上でも夏にはダウンロード可能となる予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]