編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ソフィアシステムズ、WILLCOM SIM STYLE開発プラットフォームを製品化

目黒譲二

2006-06-27 02:27

 ソフィアシステムズは6月26日、WILLCOM SIM STYLE開発プラットフォーム「Sandgate WP(Sandgate W-SIM Phone)」を製品化したと発表した。8月より販売を開始する。

 WILLCOM SIM STYLEは、抜き差し可能な多機能通信モジュール「W-SIM」に対応する商品群の総称。Sandgate WPは、WILLCOM SIM STYLE開発に必要なハードとソフトの基本機能を標準装備した開発プラットフォームで、富士通ソフトウェアテクノロジーズ(FST)が開発した、Linux上のソフトウェア開発プラットフォームを実装している。

 また、Sandgate WPと、同社製EJ-Debug(JTAGエミュレータ)を組み合わせることにより、ハードウェア開発を行うための開発環境として利用できる。エミュレータは、バッテリーの下部に搭載されている拡張コネクタとデバッグ用ボードを介して接続することが可能。また、ハードウェアをこのまま使いたいという場合は、ユーザーの仕様にあわせた機能をビルトインすることもできる。

 Sandgate WPのスペックは以下の通り。

  • CPU:インテルPXA270プロセッサ
  • OS:Linux(VER.2.6.15)
  • MEMORY:SDRAM 64MB、Flash ROM 128MB
  • GUIツールキット:GTK+(The GIMP Toolkit)
  • DISPLAY:2.2インチTFT液晶(QVGA、26万色)
  • 外部インターフェース:USB1.1、miniSD、IrDA、Bluetooth
  • 通信:W-SIMスロット搭載、赤外線通信IrDA,Bluetooth
  • ハードウェア追加用拡張ポート、デバッグ用ボード
  • OTHER DEVICE:1.3MピクセルCCDカメラ

 なお、Sandgate WPは、6月28日から東京ビッグサイトで開催される「第9回組込みシステム開発技術展」においてデモ展示される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]