編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

SAPジャパン、ハイテク業種向けERP設定自動化ツールを提供開始

ニューズフロント

2006-08-17 16:19

 SAPジャパンは8月17日、電子/電気/精密部品などのハイテク業種向けERP設定自動化ツール「SAP Best Practices for High Tech」の提供開始を発表した。また、テクノスジャパンは同ツールに独自開発のシナリオを追加し、「Fact - Best Practices for High Tech」として同日より提供を開始した。

 SAP Best Practices for High Techは、汎用的な機能を備えるERP設定自動化ツール「SAP Best Practices」をベースに、ハイテク業種の業務向けシナリオや機能モジュールを付加したパッケージ。業界特有の業務シナリオや機能モジュールをあらかじめ定義して提供することで、作業工程を自動化し、工数の大幅な削減を実現できるという。

 同ツールに対し、テクノスジャパンは独自に4種類のシナリオを加えて提供する。「事前定義済みシナリオなどを活用すると、従来の標準的な導入方法に比べ、導入期間および費用の約30%削減が可能」(SAPジャパン)。各シナリオの概要は以下のとおり。

  • 販売プロセスから生産プロセスへの連携を強化したシナリオ:見込みと需要予測に関連する
  • 外注加工シナリオ:有償支給を想定した外注加工プロセスを実現する
  • 在庫管理シナリオ:ロット管理機能を用いたさまざまな業務ニーズをカバーする
  • SCMシナリオ:販売事業計画を用いた見込みの入力から各種生産方法への連携と、LIS/SIS機能による販売分析を盛り込んだ一連のSCMプロセスを実現する

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]