編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

OBC、基幹業務システム「奉行」シリーズと「eBASE」との商品データ連携を実現

CNET Japan Staff

2006-09-16 21:23

 オービックビジネスコンサルタント(OBC)は9月15日、同社の「奉行」シリーズが統合データ管理ソフトウェア「eBASE」とデータ連携したことを発表した。

 この連携で、販売管理システム「商奉行21」や仕入・在庫管理システム「蔵奉行21」で、商品データ登録の手間の軽減が期待できる。また、eBASE間で商品データの受け渡しが可能なため、取引先で使用しているeBASEから商品データを受け取った後、自社のeBASEへ取り込んだり、商奉行21、蔵奉行21で同じ商品データを使用したりできる。

 伝票連携により、商品画像などの情報を確認しながら、伝票を入力することも可能だ。見積書や売上集計表などに商品画像を付けて伝票発行するなどの帳票連携も可能という。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    チャンスの年?経営・財務から見る2021年を考察する-MITテクノロジーレビュー・インサイト日本語版

  2. セキュリティ

    ゼロトラストとはなにか?本当に理解すべきはゼロトラストではなく先にある目的

  3. 経営

    成功事例5社に見る、飲食・小売り、美容業界の店舗経営の課題を解決する「デジタル化」の道のり

  4. 経営

    「伝説のひとり情シス」の視点とは?刺激の少ないテレワークでは自分で変化を起こす必要がある!

  5. セキュリティ

    破壊的なサイバー攻撃から身を守る「ビジネスレジリエンス」の重要性とその構築手法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]