編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

MS、「SQL Server 2005」「Visual Studio 2005」日本語版をMSDN会員向けに提供開始

エースラッシュ

2005-12-15 19:49

 マイクロソフトは12月15日、統合データ管理プラットフォーム「Microsoft SQL Server 2005 日本語版(SQL Server 2005)」と統合開発環境「Microsoft Visual Studio 2005 日本語版(Visual Studio 2005)」の開発が完了したことを発表した。2006年2月1日にボリュームライセンス製品を発売し、3日にパッケージ製品を発売する。

 今回発売されるSQL Server 2005とVisual Studio 2005は、32bitプラットフォームだけでなく64bitプラットフォームにも完全対応している。また、.NET Framework 2.0を基盤として密接に統合し、企業や組織における信頼性や柔軟性、開発生産性の高いシステムを実現するという。

 製品の発売に先駆けて、開発用のソフトウェアやサービスを包括的に提供する「Visual Studio with MSDN Subscription」の会員向けに12月15日よりダウンロード提供を開始した。また、一般ユーザー向けには簡易版である「SQL Server 2005 Express Edition」および「Visual Studio 2005 Express Edition」の無償ダウンロード提供を開始している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]