ソフトバンク・テクノロジー、「SugarCRM」のケアブレインズと資本業務提携

ニューズフロント

2006-10-11 20:06

 ソフトバンク・テクノロジーとケアブレインズは10月11日、ソフトバンク・テクノロジーがケアブレインズの第三者割当増資を引き受けて資本提携するとともに、オープンソースCRMソフト「SugarCRM」関連ソリューションの開発および販売に関する包括的な提携を結んだと発表した。

 ケアブレインズは、2006年8月に総額1億4400万円の第三者割当増資を実施し、資本金を1億4168万円(資本準備金は7200万円)とした。ソフトバンク・テクノロジーは、この増資のうち9600万円を引き受けた。

 SugarCRMは、米SugarCRMが開発しているオープンソースのCRMソフト。商用版の「Sugar Enterprise」および「Sugar Professional」、無償版の「Sugar Open Source」を用意しており、有償版は800社への導入実績があるという。ケアブレインズは、日本代理店として国内販売を行っている。

 今後、ソフトバンク・テクノロジーとケアブレインズは、SugarCRMをベースとするコンタクトセンターソリューション、携帯電話CRMソリューションなどを共同で開発していく。さらに、関連ソリューションのプロモーションと販売における協力体制を構築する。

 ソフトバンク・テクノロジーでは、SugarCRM関連サービスやソリューションで初年度5億円の売上高増加を見込む。現在は、EC事業者向けバックオフィス運営サービス、コンタクトセンターサービス、CRMシステムインテグレーションサービスで、10億円の販売実績がある。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]