編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

バックアップ用メールボックスがなくてもメールのリカバリは一瞬で--シマンテックの新技術

藤本京子(編集部)

2006-11-02 22:52

 Symantecは11月2日、Windows Server用のバックアップソリューション「Symantec Backup Exec 11d」を発表した。6日より受注を開始し、11月下旬にはパートナーに向けて出荷開始する。

 Symantecのデータセキュリティマネジメントグループ バイスプレジデント Deepak Mohan氏は、Backup Execの歴史を振り返り、「Backup Exec 10は、Windowsデータ保護のスタンダードとしてリリースした。10dはディスクベースのバックアップソリューションとして更なる進化を遂げ、11dではデータリカバリにフォーカスした」と説明する。

Mohan氏 Backup Execについて説明するMohan氏

 11dは、Windowsのファイルサーバーやワークステーションにおける継続的なデータ保護機能を拡大し、Exchangeのバックアップで必要だった日常的なバックアップウィンドウやメールバックアップの時間削減を実現した。また、ExchangeやSharePoint Portal、Active Directoryなどのアプリケーションにおける重要なデータを瞬時に復旧する技術、Granular RecoveryTechnologyを追加した。

 Granular Recovery Technologyは、特許申請中の新技術で、メールのバックアップにおいて別途バックアップ用のメールボックスを用意しなくても、メールやフォルダが瞬時にリカバリできる技術だ。Exchange保護のために複数のバックアップ作業を行う必要がなく、バックアップ時間が大幅に削減できる。

 暗号化機能も強化され、128ビットと256ビットのAES(Advanced Encryption Standard)の利用が可能となったほか、プラットフォームのサポートを拡大し、64ビットWindowsメディアサーバをサポートしている。

 Mohan氏は、「企業は、データリカバリに置いて継続的な保護やきめ細かなリカバリを望んでいると同時に、バックアップデータを安全に保ちたいと考えている。また、拡張性も必要なため、製品には多くのプラットフォームサポートと管理機能が必要だ。Backup Exec 11dは、こうした複雑な課題を解決できるものだ」とした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]