静岡銀行、NTTコムウェアのフィッシング対策製品「PHISHCUT」を採用

CNET Japan Staff

2006-11-14 18:56

 NTTコムウェアは11月13日、電子透かしを利用した同社のフィッシング対策システム「PHISHCUT(フィッシュカット)」を、静岡銀行が導入し、同日から同行ホームページでの利用を開始したことを発表した。銀行がPHISHCUTを採用したのは今回が初めて。

 PHISHCUTは、正規のウェブサイトかどうかを判断し、疑いのある場合は警告を出してフィッシング詐欺から顧客情報を守るソリューション。金融機関やインターネットバンキング、ショッピングサイトなどのウェブに電子透かしを埋め込み、利用者の専用ソフトと認証システムを連携させて認証する。

 認証システムと専用ソフトのダウンロードサイトはNTTコムウェアが提供するASP方式で短期間に導入でき、初期導入費用がかからない。専用ソフトが自動的に認証することから、利用者もソフトをインストールするだけで利用できるようになっている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]