編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

セールスフォース、「Apex」の拡張ソリューションを発表

文:Dawn Kawamoto(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2006-11-28 16:06

 Salesforce.comは米国時間11月27日、先だってリリースされた同社のオンデマンドプログラミング言語「Apex」に関して、複数の新機能を発表した。

 これらの新機能は、Apexの拡張ソリューション「ApexConnect」として販売される。Apexは、Salesforceが10月にリリースしたJava風のプログラミング言語で、ユーザーが独自のアプリケーションおよび拡張を同社のオンデマンドサービスに追加するためのもの。

 ApexConnectには、「ConnectOut」や「ConnectOracle」などのオンデマンドエンタープライズアプリケーションが含まれる。これらのアプリケーションは、Salesforceのプラットフォームに、他社のデスクトップアプリケーションおよびオンラインサービスなどを統合するのに用いる。

 例えばConnectOutを利用すると、新たなユーザーが加わったり、販売が完了したりしたことでSalesforceのデータが変更された場合、ミドルウェアやメッセージバスといった他のアプリケーションにその旨を通知することが可能になるという。ConnectOutは、Salesforceが年末に予定しているアップグレードの一環としてリリースされる。

 ApexConnectは、Microsoftの「Office」および「Outlook」、「Lotus Notes」、「SAP R3」、「Oracle 11i」などのアプリケーションのコネクタとして機能する。一方のConnectOracleは、あらかじめ用意されたテンプレートを使ってSalesforceとOracle 11iを簡単な手順で統合し、Oracle 11iのユーザーがSalesforceのフロントオフィスおよびバックオフィス顧客データにアクセスできるようにするものだ。

 Salesforceは2007年初頭から、「Salesforce Enterprise Edition」および「Unlimited Edition」ユーザーにConnectOracleを提供し始める予定で、年間利用料金は1万2000ドルとなる。同社は最近、SalesforceとSAP R3を統合する「ConnectSAP」も発表している。

 ApexConnectは、「Salesforce AppExchange」の1カテゴリとなるという。AppExchangeでは、230社以上におよぶパートナー企業がホストアプリケーションを共有している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]