編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

第4回:ファイル共有してみる--Solaris 10で行こう!

福田昌弘

2006-12-08 17:42

 今回は、Windows XPやMac OS Xなどが動作するマシンとのファイル共有を検討してみる。具体的には、Windows環境でのファイル共有で有名なSambaを取り上げる。Solaris 10では、デフォルトでSambaがインストールされるため、ちょっとした設定作業だけで他のマシンとのファイル共有を実現できる。

SWATを準備

 Solaris 10にログインすると、デスクトップ上に[ネットワークプレイス]というアイコンがあることに気づく。この名前からも明らかなように、このアイコンをダブルクリックすると、ファイルブラウザが開きネットワーク上の他のマシンにアクセスできる。たとえば、次の画面では、筆者の仕事場にあるWindowsマシンのPersonalという共有フォルダが表示されている。

共有フォルダの表示例 共有フォルダの表示例。

 ただし、この[ネットワークプレイス]によるアクセスは、Solaris 10側から他のマシンへの一方通行でしかない。つまり、Solaris 10から他のマシン上のファイルにはアクセスできるが、他のマシンからSolaris 10上のファイルにアクセスすることはできない。これは、Sun Rayなどのシンクライアントでの利用を想定したためだろうが、Windows XPやMac OS Xなどのさまざまなマシンが散在している環境では、ちょっと使い勝手が悪い。

 そこで、Windows環境でのファイル共有で有名なSambaをSolaris 10上で利用し、Windows XPやMac OS Xなどのマシンとのファイル共有を図ることにする。すでにご存じだろうが、Sambaは、CIFS(Common Internet File System)というオープンな仕様を基に実装された、ファイル共有のためのソフトウェアである。

 Sambaは、SolarisはもちろんLinuxやMac OS XなどのさまざまなOS上で利用できる。そして、Sambaによって、Windowsマシンとファイルを共有できるだけでなく、Sambaが動作しているSolaris、Linux、Mac OS Xなどの他のOSとの間でもファイル共有が可能になる。

 Solaris 10では、デフォルトでSambaがインストールされる。ただし、残念ながら、使用環境に合わせた設定内容がsmb.confに記述されていないし、smbdとnmbdというデーモンも起動されていない。smb.confの内容やsmbd/nmbdの起動などは、SWAT(Samba Web Administration Tool)によってGUI環境で行える。このため、まずSolaris 10でSWATを使えるようにし、次にSWATを使ってSambaを設定する。

 Solaris 10でSWATを使えるようにする手順は、意外と簡単だが、エディタを使った手作業になる。まず、servicesファイルにSWATで使用するポート番号を追加する。servicesファイルは/etcに置かれているので、viなどのエディタを使って次の1行を追加する。


swat 901/tcp


 SWATで使用するポート番号をservicesに指定したら、同じく/etc上にあるinetd.confに次の1行を追加する。


swat stream tcp nowait root /usr/sfw/sbin/swat swat


 そして、端末エミュレータ上でsuコマンドを実行してスーパーユーザーになり“inetconv”と入力してリターンキーを押す。inetconvによって、inetd.confの内容が評価されSMF(Service Management Facility)に登録される。ちなみに、SMFは、Solaris 10から新たに採用された、システム上で実行されるサービスを一括管理するための機能だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]