2007年こそ普及進むか--外付けHDD用高速インターフェース「eSATA」

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:大熊あつ子、藤原聡美、長谷睦 2006年12月20日 23時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 用意はいいだろうか?PCにまた1つ、新しいインターフェースが加わる日が、すぐそこまで迫っているようだ。

 そのインターフェースは「eSATA」(External Serial ATA、外付け用シリアルATA)といい、内蔵型のハードディスクドライブ(HDD)などを接続するのに使われてきた技術「SATA」を、外付けドライブ向けに拡張したものだ。Universal Serial Bus(USB)やIEEE1394(別名「FireWire」)とは違い、eSATA接続では内蔵HDD向けのSATAと同じ転送速度で外付けHDDとの通信が可能になるので、デジタル画像のアーカイブをバックアップしたり、デジタル音楽の保存や動画の録画したりするために追加で大容量のストレージを必要とするユーザーには歓迎されるだろう。

 eSATAをめぐる当面の大きな疑問は、これがどの程度まで、また、どれほどの速さで普及するかだ。しかし、業界内の慎重派さえも、2007年に入れば少なくともハイエンドPCにはeSATAが組み込まれるようになると、楽観的な見方をしている。

 「間違いなく、2007年にはハイエンド機の標準機能としての地位を確立するだろう。さらに2008年になれば、中核製品にも採り入れられていくはずだ」と語るのは、PCの売り上げで世界のトップランクにあるHewlett-Packardで、ワールドワイドコンシューマーPCマーケティング部門のマネージャーを務めるJohn Gleason氏だ。

 増える一方の動画や写真、音楽といったデータの扱いに消費者が苦慮するにしたがって、USBよりもデータ転送スピードが速いeSATAのメリットがいっそう明確になっていくとも考えられる。「USBポート経由でテラバイト規模のデータをバックアップする作業は、信じられないほどの苦痛だ。そのため、eSATAのような高速ポートのへの需要が、今後は増えていくだろう」とRoger Bradford氏は話す。同氏はIntelのチップセットおよびグラフィックスマーケティンググループでストレージ関連部門の責任者をしている。

 このように大きなメリットのあるeSATAだが、越えなければならないハードルもいろいろと存在する。

 第1に、普及にあたってさまざまな企業からの支援を必要とする新技術の常として、卵が先かニワトリが先か、という問題がある。eSATAに対応するドライブが出回っていなければ、PCメーカーにとってポートを追加する価値はない。一方、eSATAドライブの売り上げは、主力クラスのPCにeSATAポートが組み込まれているかどうかに左右される。

 第2に、ほとんどの人はそもそもeSATAのことを知らない。市場調査会社iSuppliでストレージシステムを専門とするアナリストKrishna Chander氏は「ある程度の教育を行う必要があるが、まだそういう動きはない。浸透するには少し時間がかかりそうだ」と述べる。

 さらに、eSATAドライブの価格は、今のところ同容量のUSBドライブより50ドル程度高い、とIomegaでコンシューマープロダクト担当ゼネラルマネージャーを務めるAshley Domis氏は指摘する。たとえば、Iomega製外付けHDDは、320GバイトモデルでUSB接続なら149.95ドルだが、eSATA対応機種だと199.95ドルとなり、500Gバイトモデルの場合はUSBで249.95ドル、eSATAでは299.95ドルだ。ただし、eSATAドライブには、PCIカードとバックアップ用ソフトウェアが付属している。

eSATAとは

 SATAは、プロセッサやメモリなどの主要電子部品が搭載されたマザーボードとHDDを接続する規格で、長い間主流だった「パラレルATA」(現在は「PATA」と呼ばれている)技術を改良したものだ。PATAと比較すると、SATAの接続ケーブルは幅が狭く、より高速でデータを転送できる。

 SATAの外付け機器版がeSATAだ。eSATAのコネクタはSATAとは少しだけ異なり、抜き差しによる損耗や静電気に耐える作りになっている。また、電気信号も若干強めで、ケーブルの長さを最大2mまで延長できる。SATAは1mまでしか対応していない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化