編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

松下、肖像権の保護機能を備えるデータ放送向け画像配信システムを開発

ニューズフロント

2007-01-09 17:26

 松下電器産業は1月9日、UHFテレビ局の京都放送(KBS京都)に、肖像権の保護機能を備えるデータ放送向け画像配信システムを開発、納入したことを明らかにした。KBS京都では2006年12月末から試験運用を開始した。

 KBS京都は2004年度から、京都府下の各地に設置したネットワークカメラの撮影画像を、地上デジタル放送のデータ放送で配信。視聴者が河川や道路の状況を確認できるようにしている。最近はこうした画像について、肖像権やプライバシーへの配慮が求められていることから、新システムの導入を決めたという。

 新システムは、松下の開発した動画像認識技術である「人物侵入検知機能(AVMD)」と「人物顔検出機能」を採用する。自然界の動きや人工物に左右されず、人物の写り込んだ画像だけを的確に検知、公開制限できるのが特徴という。

 撮影画像をデータ放送で配信する際のカメラ接続設定や、モニタリング、公開管理といった操作は、すべてウェブブラウザから行える。このほか新システムでは、非常時における複数サーバの自動切り替えをはじめ、各構成機器を冗長化し、放送局での運用に必要な信頼性を実現したとする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]