編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

シーゲイト、新ドライブ「Savvio 15K」を発表--回転数1万5000rpm

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-01-17 13:44

 Seagateは米国時間1月16日、従来よりも高速化された新しい2.5インチハードドライブ製品クラスを発表した。同製品は、サーバ市場で現在主流の3.5インチのドライブに代わるもので、機器のサイズ縮小を実現する重要な要素となる。

 Seagateの新ドライブ「Savvio 15K」の回転数は1万5000rpmで、前機種の2.5インチモデルでは1万rpmであったのに対し、より高速にデータを検索して取得することができる。

 これは、複数の処理を並列に実行することが多く、ドライブ上に分散するデータにアクセスする必要が生じるサーバにおいては特に重要である。演算処理は、ハードドライブが要求されたデータを送信し始めるまでの時間やその送信速度により、その実行時間が制約されることが多い。

 しかし同製品の完成は当初の予定よりも遅くなるという。Hewlett-Packardは2.5インチ15Kドライブを2005年末までに入手したいと考えていた。同社はx86サーバ「ProLiant」製品ラインで小型ドライブを必要としており、小型ドライブを支持する主要な企業である。

 15Kドライブの占有面積の小ささは、ブレードやラックマウント型サーバなどの小型システムにおいては重要なことである。また、Seagateによると、同ドライブは消費電力も現行の3.5インチ15Kドライブより30%低いという。

 Savvio 15Kドライブは、サーバ向けに設計された「Serial Attached SCSI(SAS)」モデルである。

Savvio 15K Savvio 15K

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]